永久脱毛って何か知ってますか?

SNSでシェア
永久脱毛って何か知ってますか?
永久脱毛って何か知ってますか?

オープン当初から『永久脱毛ですか?』や『医療脱毛ですか?』等の質問をよく受けます。しかし、これらが実際何なのかという事をしっかり理解していないままにご質問される方が多い印象を受けます。情報が多くて何かと難しい脱毛の世界、今回は永久脱毛とは、医療脱毛とはという事にフォーカスし、ついでに日本の脱毛業界の歴史に少しだけ触れてみたいと思います😊

まず始めに私からの質問ですが、”永久脱毛”って実際何なのか皆さんはご存知ですか?

「永久に1本も生えてこなくなる脱毛!」そう答えた方、ブッブーです!残念ながら違うんですね~。え~!?😓と思っちゃいますよね。まずは誤解されがちな永久脱毛の定義から情報をまとめていきたいと思います✌

永久脱毛の定義について

日本の法令には、永久脱毛の定義というものが定められていません。まだまだ歴史が浅い日本の脱毛の世界ですが、現在日本では米国のFDA(アメリカ食品医薬品局)やAEA(米国電気脱毛協会)の定義に基づいて業界はまわっています。

それでは、気になるFDAとAEAの永久脱毛の定義をみていきましょう。

【FDAによる永久脱毛の定義】
一定の脱毛施術を行った後に再発毛する本数が、長期間において減少し、その状態が長期間にわたって維持されること

【AEAによる永久脱毛の定義】
最終脱毛から1ヵ月後の毛の再生率が、20%以下である脱毛方であること

上記から分かるとおり、両者とも『永久脱毛=永久に毛が生えてこない』と定義していません。
AEAはFDAから認可を受けて運営しているのですが、FDAによる定義をシンプルに解釈すると「高い減毛率を長期間にわたって維持できる脱毛法」という事になります。永久脱毛の定義自体は結構大雑把なものなんだという事がご理解頂けると思います。

また、大雑把な定義をしているにも関わらず、永久脱毛としてFDAが認可しているのはAEAの電気脱毛のみという大人の事情が垣間見える複雑な状況となっています。そしてその事情をそのまま組んでいるのが日本の脱毛業界で、電気脱毛以外は永久脱毛ではないと言っちゃっているわけです。

サロンの脱毛と医療機関の脱毛の歴史

米国での永久脱毛の定義は「永久に1本も毛が生えてこない事ではない」という事を考えると、日本では永久脱毛と同レベルの効果を出しているサロンがあるのなら永久脱毛と言っちゃって良いんじゃないか?と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし現実はそう簡単ではありません。

日本でサロンが脱毛サービスを提供出来る様になるまでの歴史を辿ると、業界を独占していた医療機関からの反対があった困難な時代があった事が分かります。最終的には「サロンで提供される光脱毛は永久脱毛と呼ばない」という合意の基で脱毛サロンや機械メーカーは生き残る事が出来たのです。
光脱毛も日進月歩で性能が向上していますが、サロンでも使える素晴らしい脱毛器が新たに開発されたとしても、これが理由でメーカーは永久脱毛をうたう事は決してないという事をお分かり頂けると思います。

結論、宮古島ボディケアの脱毛は・・・

当店は医療機関ではありません。
また、提供しているのは医療脱毛ではなく、光脱毛です。これは業界の合意内容に基づいて言うと永久脱毛ではありません。

ただ・・・
FDAやAEAの永久脱毛の定義を踏まえると、永久脱毛と同レベルの脱毛効果を実感して頂けると思います!😜

 

レディス脱毛
メンズ脱毛
レディス脱毛 メニュー 料金 メンズ脱毛 メニュー 料金

この記事を書いた人

投稿者:富平和樹
宮古島ボディケアのビジネスマネジメント担当。米国カリフォルニア州のサウスベイ・マッサージ大学にて解剖学や生理学、ディープティッシューマッサージ等を学んだ。日本でも実績を積んできた整体師で、キャリアカレッジ整体プログラムのアンバサダーでもある。現在は当店の運営管理やセラピストとして勤務する傍ら、ウェブデザインや動画撮影等も手掛けている。
キャリカレ特割クーポン:amb2C6g
Pocket

SNSでシェア