40代で急増中の介護脱毛とは?

SNSでシェア
介護脱毛
介護脱毛

超高齢化社会がグングン進む中、『介護』の世界も外国人労働者を受け入れに向けて動いたりと、色々と動きがあるようですね!

実は脱毛業界も最近、介護の世界で注目を浴び始め、変化が起きています。違った角度から脱毛について考える事が出来る目からウロコな内容ですので、是非ご一読ください✌

40代以上の世代に増えた脱毛

若者の身だしなみというイメージが強かった脱毛ですが、最近は40代以上の中高年の利用が急激に増えてきています。特に多いのが【自分が介護を受ける事になった時に備えて行うアンダーヘアーの脱毛】。

介護の際、アンダーヘアが残っているとどうしても下をスッキリ綺麗するのが難しい。介護者に迷惑をかけたくないという思いや、介護される状態になっても可能な限り下を清潔に保ちたいという思いから脱毛を始める方が増えてきているのです。

介護時のムダ毛トラブル

歳を重ねると免疫力も下がります。お肌トラブルになり易く回復にも時間がかかり、治りにくい皮膚のかゆみ等の不快な症状が長い間続く事があります。

また、アンダーヘアーが長いままだだと、

  • 臭いの原因となる雑菌が繁殖し不衛生となる
  • 排泄物が陰毛にこびりつき綺麗にふき取る事が難しくなる → 何度も拭くとお肌を痛める
  • 不衛生なお肌の環境ではシラミが発生する

といった事も考えられ、事前に脱毛しておく事で状況を大きく改善する事が出来ます。

また、介護する側も大人の身体を支えながら排泄物の拭き取り等を行う事を考えると、かなりの重労働です。アンダーヘアーが無ければ負担を大きく減らす事が出来るんですよね。介護をする側・される側の両方に大きなメリットがあるという事から、事前に脱毛をする人が増えているのです。

脱毛は計画的に

脱毛に関して当店でもよく受ける質問の1つに『白髪に効果はあるのか』という事です。

結論から言いますと白髪にも効果はあります。しかし、色の濃い毛と比べて施術の回数を必要とします。最初に色の濃い毛が抜け、根気強く白髪を脱毛する流れとなります。ですので、脱毛は白髪が生えていない早いうちから始めるのがベスト。30代~40代のうちから計画を立てて行うのが良いのです。

こういった理由から介護脱毛とは、介護時に脱毛するという事ではなく、介護を受けるずっと前の準備として計画的に脱毛しておく事を言います。

今は脱毛はオシャレでやるものでは無く、エチケットとしてやる時代です。今まで脱毛を考えていなかった方も、是非この機会にお試しください。ムダ毛が無くなる事によるメリットは沢山ありますので、自信を持ってお勧め致します😊

レディス脱毛
メンズ脱毛
レディス脱毛 メニュー 料金 メンズ脱毛 メニュー 料金

この記事を書いた人

投稿者:富平和樹
宮古島ボディケアのビジネスマネジメント担当。米国カリフォルニア州のサウスベイ・マッサージ大学にて解剖学や生理学、ディープティッシューマッサージ等を学んだ。日本でも実績を積んできた整体師で、キャリアカレッジ整体プログラムのアンバサダーでもある。現在は当店の運営管理やセラピストとして勤務する傍ら、ウェブデザインや動画撮影等も手掛けている。
キャリカレ特割クーポン:amb2C6g
Pocket

SNSでシェア